基礎体温法で避妊を

考えている女性

妊娠を望まないカップルにおいてはさまざまな避妊法があります。

女性のからだはホルモンバランスや年齢による変化がみられることから100%の確率で避妊できる方法はないとされていますが、よりその確率を高める方法として、基礎体温計測による避妊法があります。

日々の基礎体温のデータによって妊娠しやすい日と妊娠しにくい日が予測できるのです。
生理のサイクルが順調で、健康な女性であれば基礎体温のグラフが低温期と高温期に分かれます。

排卵日から体温が上がり、生理開始日に体温が下がるのです。
温度の幅は人によりますが、だいたい0.5度~1度程度です。

基礎体温にデータの取り方は、毎朝起床時横になったまま婦人体温計で計測し、記録するだけです。
できるだけ毎日同じ時間の起き上がる前という同じ条件で計ることで正確なデータとなります。

婦人体温計とは脇下計測の体温計とは異なり、舌の下に挟んで計測するものが一般的です。
シンプルな水銀体温計と、今は日々の体温を記録できるデジタルタイプのものも市販されています。
データ記録ができないタイプの体温計の場合は大抵同じ売り場に記録ノートも揃って販売されていますので一緒に使用すると便利です。

一般的には生理開始の日の2週間前頃を排卵日として計算する方法もありますが、これには個人差があり、より正確な自分自身のデータを知りたいときにはこの基礎体温計測による避妊法が最適です。

基礎体温計測によってわかることは生理のサイクルや妊娠しやすい期間だけではありません。
体温に高温期と低温期が見られない場合は無排卵の可能性も見つけることができます。

また、妊娠を望むようになった場合にも非常に役に立ちます。

避妊だけでなく、自分の健康管理にも役立つ基礎体温の計測をはじめてみてはいかがでしょう。